カフェとわたし

発案から10ヶ月でカフェ開業!夢を短期間で形にするためのノウハウを発信★

断然早いほうがいい!若くして開業するメリット

f:id:can-co:20171229205630j:plain

 

キャンは開業する前に、

『もう少し社会経験を積んでからの方がいい』とか

『社会人歴が短いのに大丈夫なの?』とか

『20代で起業する奴はだいたい失敗する』とか

色々な人から言われたことがあります。

 

今この記事を読んでいる人の中にも、会社で働きながら“いつかは事業を起こしたいな〜”と思いつつ、なかなか開業に踏み切れないでいる方もいるのではないでしょうか?

 

そ〜んなあなたに!

絶対事業するなら早くやった方がいいぞ!!!!!

ということをお伝えしたい\(^^)/

 

なぜ、早い方がいいのか?ということを、自分が26歳でカフェを開業した時に感じたこと・思ったことを交えてお話しましょう★

 

 

 

体力がある!

f:id:can-co:20171229191405j:plain

早く開業するメリットの一つ目は断然体力!!!

これは若ければ若いほど持っているものですよね!

 

開業資金を貯めるためや経験値上げるためにアルバイトを3、4つ掛け持ちして休まずがむしゃらに働いたり、資格取るために会社帰りに徹夜で勉強したり、結構めちゃくちゃなスケジュールもこなせてしまうのが若さの最大の武器!

 

体力があるから行動範囲も視野も広くなります(☆ω☆)

 

キャンもアトリエの資金を貯めるために3年間土日祝関係なく朝から晩まで働いたし、アトリエオープンが迫る中お店の内装でできること(壁の色ぬりやら机の組み立てやら)をひたすら毎日やっていました!

 

まあオープン後落ち着いた11月中旬に一度身体の節々が痛くなって急遽休業になったこともありましたがね(゚ロ゚; )

 

 

失敗しても再スタートできる!

f:id:can-co:20171229195717j:plain

創作空間caféアトリエの開業資金、ぶっちゃけトータルで540万円かかりました!

 

そのうち380万円を銀行と金融公庫から借り入れをしたのですが、よく言われるんです、『いきなりそんな借金できて怖くないの!?』って!

 

確かに返す見通しがない中借りたら返せなさそうだから怖いでしょうね…

 

キャンは事業計画を立てて、これで絶対イケる!って思ったので全く怖くなんてなかったし、むしろ、年取って万が一の時に雇用してもらえないほうが恐怖じゃない?!?!って思ったんですよね。

 

一般的に、歳をとると再就職が難しいってよく言われますよね。

もしカフェがうまくいかなかったとしても、また働けばいいじゃない?

 

だったら、成功するのはもちろん失敗するのも絶対若い方がいいと思うんですよね!!!

 

 

融資の年利が安いなどお得!

f:id:can-co:20171229195746j:plain

さっきも言ったように、金融機関からお金を借りたわけなのですが、借りる時に気になるのが年利ですよね…

 

年利が安いところで借りたい!と言うのは借りる側としては本音です。

 

なんとキャンは銀行からの借入が、年利1.0%でできちゃいました!

 

これはキャンがラッキーだったっていうのもあるんですけど、銀行がやっていたキャンペーンで“35歳以下で起業する人”と“女性起業家”であることで年利割引ができたんですヽ(*´∇`)ノ

 

他の銀行でも35歳以下で起業する場合に適応される割引などがあると思いますので、タイミングが合えばかなりお得に融資を受けれちゃうかもです♪

 

ちなみに、キャンがお世話になった大阪の産創館では融資の無料相談を受けていたり金融公庫の人や銀行の人から直接話を聞くことができます!

 

www.sansokan.jp

 

産創館の方には沢山のアドバイスをいただいたりいい縁を繋いでもらったりと、 感謝しきれません!

 

 

若いだけで印象づけられる!

f:id:can-co:20171229202538j:plain

(↑キャンが描いたイラスト)

 

交流会などでカフェ開業のために欲しいコネを探していた時に、若い方が覚えてもらいやすいと感じました!

 

“若くて何かよくわからないけど必死だったあの人ね”みたいな感じで、印象に残るのではないでしょうか?笑

 

若年層の起業家はまだまだ少ないので、交流会へ行くと『若いのに何してる人なの?』と寄って来てくれる人もかなり多いです!

 

女の涙と若さは武器!ということで、存分に使っていきたいですね!!!笑

(涙の使い方は知りませんw)

 

 

**********

 

 

キャンが言いたいのは、いつか…いつかは…と思って若い期間を“労働だけ”に使ってしまうのは勿体無い!!!ということです。

 

時間の使い方はそれぞれですし、お金をもらうために時間を売るのは時には必要かもしれません。

 

でも、ただ単にお金を貯めるために時間を使うというのはキャンはお勧めしません。

お金だけがあなたを引っ張っているのなら、借りる・もらうという選択を取るのがベスト!と思います。

借りたら返せばいいだけの話ですしおすし!

 

例えば、開業に500万円必要だから貯めるぞ!って働いて、年間100万円ずつ貯めても5年かかるんですよ!?

融資で500万円借りて開業して過ごした5年と、お金を貯めるために費やした5年、どちらがあなたにとって価値のある5年になるのでしょうか?

 

そもそも年間100万円貯めるほど我慢しながら5年も人生捧げたくない(・ω・`)

だって若い時間はこんなにも短いんだから…(実感中でツライ)

 

********** 

 

まとめると、体力があり、最悪再就職でき、年利もやすくなり、ちやほやされやすい若いうちに開業するのサイコー!

ということでした!

 

以上!