カフェとわたし

発案から10ヶ月でカフェ開業!夢を短期間で形にするためのノウハウを発信★

オープンテラスのあるお店★オー・クリヨー・ド・ヴァン(AU CRIEUR DE VIN)★

ありポンですよ。

松本市深志にあるオー・クリヨー・ド・ヴァン (AU CRIEUR DE VIN)に行ってきました!

オー・クリヨー・ド・ヴァン

オー・クリヨー・ド・ヴァン

オー・クリヨー・ド・ヴァン

■address

長野県松本市深志1-2-11 昭和ビル 1F


大きな地図で見る

■TEL

0263-37-1966

■open/11:30~23:00

■定休日/不定休

コンセプトはカジュアルなフレンチのお店とのことです。

何となく敷居が高そうなイメージがあったので今まで行ったことが無かったのですが・・・

全学の○路さん曰く「気軽にお茶もできるよ」とのことだったので、行ってみました。

ババ・オ・ラム(600円)

オー・クリヨー・ド・ヴァン

サヴァランと同じジャンルのデザートですね。

「型に入れて焼いたパンをラム酒の利いたシロップに浸したもの」です。

大きさはコブシ二個分くらいもあり、とてもボリュームが有りました!

お酒がたっぷりと入っているので、アルコールに弱い人は酔ってしまうでしょうね(笑)

付け合わせのクリームとも相性バッチリで最高の一品でした!

カプチーノ(テーブル:500円 カウンター:450円)

オー・クリヨー・ド・ヴァン

ミルクがたっぷり入ってたので、コーヒーが苦手な人でもバッチリ飲めますよ

甘いケーキには適度な苦みが最適ですね!!

ファー・ブルトン(500円)

オー・クリヨー・ド・ヴァン

初めて食べたケーキでした。

フランス北西部ブルターニュ地方に古くから伝わるお菓子。

「ファー」とは、粥のことを指し、元々は牛乳と小麦粉を煮た粥で作った菓子だったそう。

そのためか、独特のモチモチ食感が味わえます。

また、カスタード生地とぎっしり敷き詰められたプルーンの組み合わせもなかなか面白い

ホットチョコレート(テーブル:500円 カウンター:450円)

オー・クリヨー・ド・ヴァン

最初に言っておくとココアとは異なりますよ

ビターチョコレート(ベルギーチョコっぽい)をホットミルクに溶かしたものでした。

甘さはお好みで調節できるようです。

量は1.5杯分と少し多めです。

フードメニューの価格もそれほど高くは無かったので、今度はご飯も食べてみようと思います!

そうそう、

今年もクリスマスツリーを飾りましたよ!

クリスマス

人形もぶら下げてみた

クリスマス

↑ヴィレバンの福袋でGETしたトナカイ?(笑)

オー・クリヨー・ド・ヴァンカフェ / 松本駅西松本駅北松本駅


昼総合点★★★☆☆ 3.5